マンションストーリーズat武蔵小杉~ザ・コスギタワー~(前編)

皆さんこんにちは、タンジです^^

いつも元住吉のマンションをとりあげているマンションストーリーズですが、今回は舞台を武蔵小杉に移し、「マンションストーリーズat武蔵小杉」というタイトルでお送りしたいと思います。

マンションストーリーズat武蔵小杉のスタートを飾るマンションは…

「ザ・コスギタワー」です!!

ザ・コスギタワーが建てられた頃のできごと

ザ・コスギタワーが建てられたのは2008(平成20)年5月。ちょうど13年前の今頃に出来上がったマンションです。

このマンションが建つ前、この場所には「不二サッシ株式会社」という会社の本社工場がありました。

ふと振り返ってみたら、マンションストーリーズでご紹介してきた物件のほとんどが会社の工場か社宅の跡地に建てられていることに気づきました。

企業とのご縁が強い地域だったんだなあ、と実感しております。

ザ・コスギタワーが建てられた頃に川崎市・中原区周辺で起きた主なできごとは、

2008(平成20)年 カーボン・チャレンジ川崎エコ戦略(CCかわさき) 発表

2009(平成21)年 中原市民館移転・開館

2010(平成22)年 JR横須賀線武蔵小杉駅開業

などがあります。武蔵小杉周辺が大きく変わっていく最中、建てられたマンションなのですね。

ちなみに、2008年はiPhoneが日本に初上陸した年でもあります(2008年7月11日に発売開始されたとのこと)。

ザ・コスギタワー今昔

「武蔵小杉はものすごく変わった」という数多くの声を聞いてきた私。昔の武蔵小杉がどんな姿だったのか、以前からなんとなく興味がありました。

そこで、この物件ができる前の状況を探るべく、まだ不二サッシ株式会社本社工場があったころの地図を詳しく見てみることにしました。

するとびっくり!

1999年に出版された地図をみると、このあたりにあるのは工場ばかり!

現在の地図と見比べると、工場だったところが軒並みマンションに変わっています。

例えば、

・不二サッシ株式会社本社工場

 →ザ・コスギタワー、リエトコート武蔵小杉、アールスタイルズ武蔵小杉

・NEC日本電気㈱出荷品置場、NECロジスティクス㈱多摩川事業所

 →シティハウス武蔵小杉

・NEC日本電気㈱多摩川事業場

 →レジデンス・ザ・武蔵小杉、JR横須賀線武蔵小杉駅バスロータリー

などなど…

地図の左上を見るとプールやテニスコートがあったのを確認できるのですが、この場所には現在、「パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー」というタワーマンションが建っています。中原市民館の入ってる建物ですね。

当時は一体どんな風景が広がっていたのでしょう…?こんなにも大きな変化があると、地図を見比べるのも楽しいですね♪

皆さんもぜひやってみてください^^

参考文献・URL等

・「ゼンリン住宅地図 川崎市中原区2000」、ゼンリン、1999

・「ゼンリン住宅地図神奈川県川崎市 3」、ゼンリン、2009

・「ゼンリン住宅地図神奈川県川崎市 3」、ゼンリン、2020

・「未来に伝えるなかはらの歩み-中原区区政40周年記念写真集-」、川崎市中原区役所、2012 

・東海道かわさき宿交流館 「歴史年表『川崎のあゆみ』」 http://kawasakishuku.jp/asset/00032/oshirase/kawasakinoayumi.pdf 

(参照 2021-05-01)

・C|net Japan「iPhone日本上陸から5年、売れると思った?」

https://japan.cnet.com/docchi/35034636/#:~:text=2008%E5%B9%B47%E6%9C%8811,KDDI%E3%82%82%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E3%82%92%E9%96%8B%E5%A7%8B%E3%80%82

(参照 2021-05-01)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です